JOURNAL

14182412_1246488732030392_1662180955_n

さいころ食堂の5年目

2017年、あけましておめでとうございます。

.
気がつけば、

昨年12月に、(株)さいころ食堂は5年目に突入していました。

.
思い返すと、

「おいしい企画業」という訳のわからない業態の、

食の世界ではなんのキャリアもないわたしを

あたたかく迎え、信じてくださった全ての方への感謝で、

胸がつまりそうになります。
.

いただいたご縁とチャンスに必死で向き合い続けた4年間。

心から尊敬できる方、大好きだなぁ〜と思う方に、

たくさん出会うことができました。

.

2016年は、社員を迎えるという一歩を踏み出しました。

わたしに負けずヘンタイで最高な新メンバーで

日々の仕事が一層たのしくなりました。

また、無謀にもカフェの店主となり、

初めての経験にもかかわらず、

素晴らしい仲間とチームづくりを共にすることができました。

ほんとうに、幸せものです。

.

.

最近、ある占いで、

「野生動物のドキュメンタリー」

のような生き方をしていると言われました。

「生きる覚悟」のようなものを常に持っているとか。

.

たしかにわたしは、日々、死を意識して生きています。
.

全くネガティブではなくて、

未来は不確定で、

何も約束されないということをベースに

すべてを選択している気がします。

.

あしたは来ないかもしれない。

この人にはもう会えないかもしれない。

.
そう思っているから

今起こっていること、今手にしているものを

全力で愛せるのかもしれません。

.

.

この4年の心残りは、

大切な出会いとご縁に、

仕事でしかお返しできなかったことです。

.

5年目の2017年は、よりフットワーク軽く、

「会いに行けるさいころ食堂」

になりたいと思います。

 

.

会いたい人へ会いに行って

おしゃべりする時間を大切にします。

仕事のご用命はなくても、さいころとおしゃべりしたいな、

と思っていただけたら嬉しいです。

.

2017年。

より強く、しなやかに、生きていきます。

.

今後とも一層、よろしくお願いいたします。

.
.

さいころ食堂 代表 / Alaska zwei 店主

大皿彩子


photo by. Yasuhiro Horiuchi