RECIPE

アイスプラント

アイスプラントのカルパッチョ *YUKI

材料

2人分
・アイスプラント 適量
・白身魚の刺身 8枚程度
・だし昆布 2枚
(サイズ目安は10×20cm)
・酒 大さじ1
・水 大さじ1
・バジルの葉 3枚
・EVオリーブオイル 大さじ2

作り方

おしごと仲間のみなさまへは徐々にお披露目していますが

2016年11月より、さいころ食堂に社員が入りました。

Alaska zweiの店長Aちゃんに続き2人目です。

.

「ユキ」と言います。

かわいい顔して中身はオタオタ。(さいころ食堂の社風)

食にも音楽にもハードにのめりこむ研究タイプ。

さいころとユキころのペアで登場すること増えますので、

これからもどうぞよろしくお願いします!

.

そして、本記事は、ユキのレシピ!

さいころ食堂ホームページにてデビューです。

「アイスプラントの魅力がつかめない」と言っていたユキと

あーだこーだ話して、実験し、結果

「うん!いいじゃん!これは魅力的!!」

というお皿になりました。

.

.

————–

さいころ食堂が運営しているヴィーガンカフェAlaska zweiでは、

農家さんのサポートプログラム『Alaska zwei organic friend』という、

有機野菜の定期販売をやっています。

詳細はこちら

.

先日届いたお野菜の中にあった

キラキラと輝く葉物野菜「アイスプラント」を使ったレシピです。

.

キラキラの正体は、葉や茎の表面についている水泡。

この中には、土壌から吸い上げたミネラル分が蓄えられているそう。

ということは、噛んだ瞬間に広がる独特の“塩味”と“酸味”は

大地の恵みそのものなのか・・・!

.

実は「アイスプラント」って

わたしには個性が強すぎて、仲良しになれていない食材のひとつだったんです。

.

ですが、「アイスプラント」を天然の”調味料”だと思ったら、

ぐっと距離が縮まりました。

.

オイルに塩とビネガーを合わせてつくるカルパッチョも

アイスプラントがあるから、オイルだけでOK。

淡白な白身魚、昆布の旨みに

アイスプラントの塩味と酸味が重なると、

高級感のある豊かな味わいに!!

アクセントにバジルを添えて爽やかにしてみました。

.

素材は和風だけど、

パンや白ワインの食卓にも合いますよ。

.

アイスプラントのカルパッチョ バジル仕立て

(つくり方)

1.酒と水をあわせた液で昆布を2分ほど浸す。

※昆布の種類は、程よい旨みでしっかり肉厚な“真昆布”や“利尻昆布”がおすすめです。

※今回は、アイスプラントの風味を楽しむために、やさしい塩味の“利尻昆布”を使いました。

2.昆布の水気を軽く拭き、刺身を並べ、もう1枚の昆布で挟む。

3.ラップで包んで、1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。

4.お皿に刺身とアイスプラントを盛り付ける。

5.みじん切りしたバジルとオイルをまぜ合わせてものをかけて完成。

※塩気や酸味は、アイスプラントによって異なります。

お好みで、塩をかけたり、カボスやライムなどの柑橘を絞ってください。

.

.

text and recipe: Yuki Obuchi