JOURNAL

写真 1 のコピー

パンラン!

パンランとは、

わたしが健康のために、というかパンのために、

3年前から続けている習慣。

 

 

ま、ただ、

「リュックしょって、パン屋に走る」ってことです!笑

おいしいパン屋ほど、陸の孤島にありがち。

おいしいお店には最短距離で行きたいの!

という動機で、

走って行けばいいじゃん、と思い、

今ではすっかり、パンとランはセットに。

ちなみに、朝ごはんのパンを買いに行く場合は…
そうなんです、

「朝ごパンラン」という活用形もアリなんです。

コレはかの有名ファッション誌WWDさんに取材していただいたときの記事。

ヲタク全開でうれしそうにパンランのことをしゃべったら、

なんともおしゃれな誌面に!

( ゚д゚)すごいなー

写真 1

そして最近、
わたしのパン教室にきて下さっている仲間たちを誘って、
みんなで「パンラン!」をはじめました♪

世田谷エリアで特にオススメするベーカリー 4店を、
走って巡る、全14km。

朝、ランウェア&リュックで集合。
みんなで体操しながら自己紹介、
わたしから、本日向かうパン屋さんの紹介を説明したら、

パン屋へ向かって、駆け出すんです!

*パンランの定義<持ち物>*

「パンラン」の定義は持ち物にあり!

1、軽くてカラダにフィットするリュック

外側に深めのドリンクポケットが付いてると
バゲットが縦に刺せてなお良し。
※トレラン用の小型タイプがオススメ。

2、現金

パンを買うお金は、財布ではなく小型のチャック付きビニールへ。
少しでも軽く!水分が中に入らない!

3、Suicaカード

疲れたら、
またはパンを買いすぎてリュックに入り切らなくなったら、
バスや電車で帰れます。

コンビニで、ドリンク買えます。

4、ケータイ

迷子になったら、パン屋に電話!

集合風景

写真 5

みなさん、

マニアックな情報を真剣に聞いて下さるから大好き。

前述で、全14kmとあったから

「ハイハイ、パンとかなんとか言っちゃって、マジで走っちゃってる人たちね」

と思われたかもしれませんが、

きっと誤解です。

各店の距離は2〜3㎞、

バスや電車のある通りを選んで走るので

途中離脱も安心。

(心得は”逃げ道なくして挑戦はなし”)

おしゃべりできるスピードで、ゆっくり走ります。

コンビニ休憩とか、しょっちゅうです。

ほぼ散歩、という疑惑もありますが。

いいんです!

パンさえ買えれば、いいんです!

 

写真 3

「こんにちは〜」

と、パン屋さんに押し寄せるランウェアの人々。笑

写真 2 のコピー

我々を、あたたかく迎えてくれるパン。

パンランの基本は、【パンの収穫】なので、

買ったパンはリュックに入れて戻るのが目的なのですが、

走るとおなかすいちゃうのよね〜と、

みなさん、買ったパンを冷たいアイスコーヒーとともに

道中でパクパク。

焼きたてのクリームパンとか、超おいしいよね〜!

4店クリアすると、リュックはパンでパンパン。

いままで2kmくらいしか走ったことのない方でも、

パンのパワーで14km完走できるんです!

そして、アフターに、
近くの公園で【パンの収穫祭】(ピクニック)も♪

写真-3

パン屋に向かって走る「パンラン」。
これからも続けます。

みんなの、おいしい顔を見るのが楽しくて仕方ないのです。

さいころ食堂は、そういう企画屋なんです。

いいんです。