RECIPE

IMG_1501 のコピー

小夏とミョウガ、生ハムのサラダ

材料

(4〜6人分)

・小夏 2個
・アボカド 1個
・ミョウガ 3〜4個
・生ハム 50g
・ヘーゼルナッツオイル 大さじ2
 ※なければオリーブオイル
・塩 少々

作り方

くだもの大好きさいころ食堂、
初夏の柑橘「小夏」のサラダ2皿目。
 
 
小夏は、ふわふわの甘皮に旨みアリ。
さわやかに消える酸味と香りがチャームポイント!
 
ミョウガと一緒にサラダに仕立てました。
 
 
ミョウガって、世界中さがしてもなかなか見つからない、
アジアが誇るスーパーハーブだと思ってます。
ざくざくと心地よい歯触り。
後に残らない、潔い苦味と香味。
美しい紅色。
 
 
調べてみたら、ミョウガって
花のつぼみなんですって。
昔の呼び方で「花みょうが」という言葉も残っているそう。
 
 
フワフワの衣をまとった恥ずかしがりやの小夏と、
比類ない魅力を放つ、美しき花みょうが。
そう思ったら、急に、ロマンチックなひと皿に思えてきました。
 
 
アボカドでコクを出し、ヘーゼルナッツオイルで香りを重ねて、
生ハムの脂と塩気でつなげました。
 
 

(つくり方)
 
1.小夏はふわふわの甘皮を残し外皮を取り除き、横に半分に切り
種を取り除き、12〜16等分に切る。
 
2.アボカドは種と皮を取り除き同じ位の大きさに切る。
生ハムは食べやすい大きさにちぎり、ミョウガは千切りにする。
 
3.小夏、アボカド、生ハム、ミョウガをボウルに入れ
塩を混ぜたヘーゼルナッツオイルで全体を和え、
器に盛りつけたら完成。